わたわたblog
建物見学 -深いつながり編-
2010年04月07日 (水) | 編集
100407-1-d.jpg
木工や手芸でお世話になっておりますコニシのボンド
先月大阪にて、うろうろ建物見学中
道修町の、コニシさんの歴史ある建物に出会いました。
明治に建てられた、小西儀助商店時代の建物が
そのまま重要文化財として残されています。

この場所では、アサヒビールの前身が作られてたり
サントリーの創始者、鳥井信治郎さんが
洋酒の取り扱い方を学ばれたり・・・
偉大な歴史が刻まれているのですね。(参考/雑学コニシ、他)
そんなことはつゆ知らず、何気なく通っておりました。

大阪建物見学から、思わぬ企業さんのお勉強へ。(笑)

ところで、コニシさんは、もともとは薬種問屋さん。
道修町は日本の薬業のルーツといわれておりますが
「どうしゅうちょう」と、そのまんま読んでた私・・・
「どしょうまち」なのですね。これまたお勉強になりました~(^○^;)

そんなわけで・・・
100407-1-c.jpg
サントリーウイスキーとコニシボンド(どちらもミニサイズ)。
深いつながりのあるおふたりです(^^)

コニシさんの接着サイトも、仕掛けがあって面白いですョ。


☆おまけ写真・・・石垣
Comment
この記事へのコメント
あ~やんさん、こんにちは。
私も同じでした~あせりますよね(^o^;)
なぜか右クリックとかして、無駄な抵抗してみたり。

お子さんがいらっしゃると、使う場面も多そうですね。
指についたボンド、乾いてはがして
指紋を見るのが好きです。地味・・・。

どうしゅうちょう(笑)
私もまたゆっくり散策したいです~。
2010/04/08(木) | URL | わたわたン #-[編集]
くっついて
離れないから、思わずポインターをぐりぐり動かしてしまいました(◎-◎;)よけいにあれこれくっついて、あわてて更にぐりぐり…(@_@;)
離れるわけないのに、人間の心理って不思議です。

今手元にあるボンドもまさしくコニシ製品。子どもたちのカバンのネーム付けやら、長女の習い事で必要な衣装のスパンコール付け、398円(byジャスコ)の白い上履きに布を貼って黒に変えたりレースを付けたり、布地用のボンドは日常的に使っています。

私もどうしゅうちょう探検、行ってみたくなりました。
2010/04/08(木) | URL | あ~やん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © watawatan. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customized by Office [ti:].